初心者が絵を上達させるためのコツ4選 【嫌でも上手くなります!】

完全初心者のためのお絵描き講座

初心者が絵を上達させるためコツは?

結論から言います。
初心者が絵を上達させるためのコツ
はただ一つ。

最初は絵を描きまくり基本をおさえること。

初心者がまずすべき事は、
絵の理屈を勉強する事でなく、
絵を描くことに慣れ親しむ事です。

なぜなら、
絵を描かずに上達するという
魔法のような方法は存在しない
から。

絵を描くという行為のみ、
画力を向上させてくれます。

また、
細かい理屈はある程度画力がついた後に
勉強しないと実戦で生かせません。

なので、まずは
絵をひたすら描いて基礎画力を向上
させましょう。

 

しかし、練習方法にはコツがあります。

今回は
効率よく上達するための基礎練習法
をご紹介します!

 

初心者が絵を効率よく上達させるための基礎練習法

まずは、
自分はどんな絵が好きなのか、
どんな絵を描きたいのか、

お手本となる絵を探しそれを収集しましょう。

そして、その絵を
トレースや模写するところからスタートです。

基礎練習だからといって、
初心者がいきなり手だけの練習をしたら、

退屈で絵を描くことが嫌になりかねません。

楽しんで練習するためにも、まず
自分のお手本となりそうな
好きな絵を探しましょう。

それが、絵の上達のための
最初の第一歩です。

それに、
いろんな絵を見るという作業は、
アイデアのひきだしを増やす作業
でもあります。

とにかく
ネットや書籍、美術館など
ありとあらゆるものに触れ、
刺激をもらいましょう。

いろんな絵を見ることは
非常に良い勉強になります。

自分のアイデアの引出しが増えるよう、

いろんなジャンルの
幅広い作品を見る習慣を

身に付けるべし!

具体的な方法

絵をトレースしてみよう

ここからは
いよいよ初心者が絵を上達させるためのコツ
具体的に紹介していきたいと思います。

冒頭でも言いましたが、
いきなり絵が上手くなる魔法はありません。

毎日絵を描くことの積み重ねで上手くなります。

とは言ったものの、
絵を始めたての初心者がいきなり
ゼロからイラストを描くのは困難…

 

そこでおすすめなのが
絵をトレースすることです。

イメージとしては
小学校で漢字を覚える際に
何度も漢字をなぞって練習したイメージ。

トレースする絵は、
前に自分で保存しておいた
お気に入りの絵のコレクションから
描きやすそうな物を選ぶと良いでしょう。

 

トレースのやり方など、
詳細に関しては以前記事に書いたので、
それを参考にして見てください。

絵の上達への最初の1歩! 絵のトレース練習法について徹底解説!
まず何から練習したらいいかわからない方へー トレース練習がおすすめです! 初心者の方で、まずは 何から練習したらいい...

 

模写してみよう

何度もトレースして
要領を掴むことができたら、

今度はいよいよ
自分でゼロから描いてみましょう。

トレースした見本の絵を
今度は自分で初めから模写します。

最初は上手くいかないかもしれません。

しかし、
見本と見比べながら
何度も修正して試行錯誤してみてください。

もう一度
トレースの練習に戻って
練習するのも良いでしょう。

 

辛いかもしれませんが、
筋トレと同じで
負荷がかかってる時に人は一番成長します。

頑張って自分が満足する絵が描けるまで続けるべし!

模写も、具体的な方法は過去に紹介しています。
よければこちらも目を通してみてください。

初心者が絵を上達させるためには模写はしない方がいい?
初心者は難しいことを考えず模写をしよう! よく 模写は絵の上達に効果がない! などという記事を見かけますが...

上手く描けなかったところを重点的に練習する

ここまで進むと、
何度模写しても上手くいかない箇所だったり、
苦手だなと思う箇所が見つかると思います。

今度はその
苦手な箇所だけに絞り、
練習してみましょう。

 

例えば、
手が苦手だったら、
手だけに絞って練習する感じです。

手だけの資料を集めたり、
手の構造について勉強したりして、
苦手を克服していきます。

ある程度克服できたなと感じる場合は、
もう一度模写をしてみてください。

そして、
最初の頃描いた絵と見比べて見てください。

見違えるほど上手くなっているはずです。

自分のオリジナルの絵を描いてみる

次は、
いよいよ自分オリジナルの作品
描いてみましょう。

まず最初に、
自分はどのような絵を描きたいのか、
大雑把でいいので頭の中でイメージし、
ラフを描きます。

次に、参考となる資料を集めましょう。

初心者には、
想像だけで全て描くということは
非常に難しいのでやめるべき。

例えば、
机に座っている人物を
描くのであれば机の写真を、

学校の廊下を描きたいのであれば
学校の廊下の写真を

用意しましょう。

自分でその場所にいって写真を撮影
してもいいのですが、

学校の廊下のように、
中々写真が取りづらい場合は、
フリー画像を探してみるのもおすすめです。

でも、その時は必ず
著作権に注意してください!

イラストはもちろんのこと、
写真にも著作権があるので、
丸写しはダメです。(自分で模写し練習する場合は除く)

あくまで参考程度に利用しましょう

 

最初は上手く描けないかもしれません。

しかし、上手くなくても
1枚のオリジナル作品を描き上げることができれば
初心者を脱したと言えると思います。

1枚描き上げることができたら、
模写の時のように

上手く描けなかった部位を見つけ、
その部位に絞った練習を!

結論

絵を上達させるためには、
日々のコツコツとした積み上げが大事です。

絵を描かずに
いきなり絵が上手くなる
魔法のような物は存在しません。

 

ただし、
効率よく上達させることはできます。

 

今回紹介した具体的な流れは、

 

1、お気に入りの絵を探し、収集する。
2、その中から描きやすそうな絵を選び、トレースする。
3、今度はそれをゼロから模写する。
4、上手く描けなかった部位に絞って練習する。
5、もう一度模写してみる。
6、自分のオリジナル作品を描いてみる。
7、上手く描けなかった部位に絞って練習する。
8、もう一度描いてみる。

 

これらを繰り返して練習することが、
初心者が絵を上達させるためのコツです。

皆さん、
ぜひ試しにおこなってみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました